カヌチャリゾート(おまけ)


先々週の3連休に宿泊したカヌチャリゾート。滞在時にリゾート内にあるお土産屋さんでお買い物をしました。





 

先生(夫)が一目惚れをした琉球グラス。
一点物ということで、大小大きさが違うのですが…

稲嶺盛吉さんという方、今まで知らなかったのですが有名な作家さんだったのですね。家に帰ってから調べてみると、何と人間国宝候補なんだとか…
そんなことも知らずに購入してしまったのですが、やっぱり先生は見る目があるんだなぁ〜。


私は
 




アメニティーグッズとして置いてあった化粧水(とろみのある化粧水)が良かったので購入。 おまけでパックと洗顔石鹸がついてきてLucky。
顔にのせて10〜15分待つあの時間が面倒でパックは滅多にしないのですが、せっかくなので使ってみることにします。EGFとフラーレン入りなので期待大。



リゾート内のいろんなところに飾られていたブーゲンビリア
 





中の白い部分がお花で、まわりは何と葉っぱなんだそう!
ホテルスタッフが教えてくれて驚きました。 私が無知過ぎるのかもしれませんが…

自分の興味のあることだけでなく、それ以外のことにももっと興味を持ちたいなぁと思いました。

 

カヌチャリゾートへ(後半)


3連休はカヌチャリゾートで過ごしました。
前回の記事の続きです。

この日は朝ごはんが遅かったためお昼ご飯は食べていませんでした。
リゾート内のお散歩から部屋に戻ってきたのが大体16:00頃。そろそろ2人ともお腹が空いてくる時間。

カヌチャリゾート周辺にはお店(スーパーや飲食店)が無いと聞いていたので今回

 


じゃーん!

家から保冷バッグに入れて持参しました(写真に写っているのはその一部)。
スパークリングワイン+シャンパーニュグラスも忘れずに。ナイフやお皿、カトラリー類もしっかりと持ってきました〜。
出張生活&ホテル生活には慣れているので、こういう準備は得意なんです。


 


バルコニーで宴会開始。
眺めが良く、風も気持ち良くて最高ーーー♪
 



ジェットバス、ほろ酔いの時に入るのは危険なので、お酒の酔いがしっかりと醒めてから入ることに。

 



だんだんと寒くなってきたので部屋に入り、先生(夫)は趣味の作活(作家活動)、私はゴロゴロしながら読書をして過ごしました。

 


そして19:00になると
 





敷地内のいろいろな所でスターダストファンタジア=ライトアップがされてとてもキレイ。
せっかくなので私たちも見に行くことに。

 

 

 








本当に本当に素敵でした。
ホテルに着いてから今までもう最高★


イルミネーションに感動して現実に戻ると、何だか小腹が空いてきてしまいました…また(笑)

そこで

 


カヌチャリアンショップ(コンビニ)に寄り、色々と買って帰ることに。
こちらの2Fは、元メジャーリーガー佐々木主浩プロデュースによるスポーツジムだそうです。


部屋に戻り、先生とお菓子をつまみながら「カヌチャリゾート最高だね。また来ようね。」と話していました。

普段仕事が忙しくお昼休みもとれない先生。 なので休みの日はこういう、頭を空っぽにしてリラックス&気分転換が出来る場所で過ごすのも良いなぁと思いました。
ビーチもリゾート地も車で30分〜1時間で行けてしまう沖縄。やっぱり最高です。
 

カヌチャリゾートへ(前半)



「連休明けは仕事へ行くのが辛い」という方も多いのではないでしょうか?

うちの先生(夫)も「あと1週間ぐらい休みがあればなぁ」と言っていました(笑)

でも ‘休みがあるから頑張れる’ のですよねー。最近そう思います。

 

さて、この3連休は

 



カヌチャリゾート http://www.kanucha.jp/ で、の〜んびりと過ごしたのでその様子をお伝えしますね。
これから泊まりに行きたいなぁと考えている方の参考になれば良いなぁと思っています。


カヌチャリゾートは那覇空港から車で約80分のところにあるのですが、人気の58号線を通るルート、北谷や読谷村・万座毛などの観光スポットを通るルート、さっと行きたい場合は高速を使ったり、いろいろな行き方があります。

敷地は何と約80万坪!!!
って、実は80万坪と言われてもピンとこないのですが…

 



ゲートを通ってしばらく行った所にフロントがあるのですが、敷地内は時速20km以内の徐行運転で進まなければならないので余計に遠く感じました(笑)
 




チェックインは15:00〜。
30分前に到着してしまったのですが、部屋の準備が整っているとのことで早めに入ることが出来ました。

部屋までは
 




ホテルマンがこの車で案内してくれます。


今回私たちが泊まった部屋はカヌチャスイート。

 



(写真はHPからお借りしました)
部屋もベッドもバルコニーも広く天井が高くて開放感があり、着いた瞬間 「このままこの部屋に1週間ぐらいステイした〜い」 と思いました。
 





 


部屋からの眺めも最高。


荷物を一旦置き、ホテル内をお散歩することに。

 



あちこちにこのようなハートの台紙(?)が見られるのですが、これにはお願い事が書いてあります。私たちもしっかり書いて結ばせてもらいました。「5年以内ぐらいに叶えばいいなぁ」と思っている2人の願い事♪


リゾート内を移動する際ですが、もちろん歩いても良いのですが何しろ広いので


 



カートを利用するのも良いかもしれません。
有料ですが、2時間〜24時間レンタル可能です。 敷地内にニッポンレンタカーがあってそちらで手続きをするのですが、運転免許証がないとレンタル出来ませんのでご注意を。
私たちは手続きが面倒だったのでバスを利用することに。

 





リゾート内にはバス停が16個あり、10分?15分?間隔ぐらいで来るので便利です。

 



教会がキレイだったのでバスの中からパシャリ。
 




最初に向かったのはカヌチャビーチでした。

 





残念ながら海が少し濁っていたのですが、潮の香りと波の音で癒されたので満足です。

ビーチから部屋に戻る途中にはプールやパターゴルフ、大浴場もあったのですが私たちが寄りたかったのは
 




泡盛蔵。

 







珍しい泡盛やここ限定の泡盛もありましたが、私たちはこの ‘くらクースー’ を購入。
クースーというのは ‘古酒’ という意味です。
私はそんなに泡盛が好きではないのですが(かと言って嫌いでもないのですが)今回購入した ‘くらクースー’ とっても気に入りました★


結構長くなってしまったので、この続きはまた次回へ続く〜。