タコス専門店 Tacos−ya



沖縄にもジュンク堂があって良かった!  本屋さんで過ごす時間が大好きです。 
グルメ本と小説を買ってから国際通りをブラブラ…


 

タコス専門店 Tacos−yahttp://tabelog.com/okinawa/A4701/A470101/47000304/

ここ、気になっていたんです。

ということで、あまりお腹は空いていなかったけれど入ってみよう♪

 

レジカウンターで注文をしてから席につきます。 注文してから作って下さるので、出来上がるまで先にきたウーロン茶を飲みながら待ちました。


 

タコスは1ピース180円。
1ピースからオーダー出来るのは嬉しいですね〜。


 

辛過ぎないチリソース(サルサソース)をたっぷりとのせましょう♪ タコスの味にメリハリが出ますよ。

 

大きな口を開けていただきま〜す♪
チーズ好きな私はもっとたっぷりチーズが入っている方が嬉しいけれど、多過ぎるとチーズの味になってしまうのできっとこれぐらいが適量なのかもしれませんね。

レタス、トマト、ひき肉、チーズ、そしてチリソースの組み合わせ、うーん♪ 合う。


テイクアウトも可能ですが、タコスを歩きながら食べるのは…ちょっと難しいかもしれません。

 


タコスの皮は揚げてあるのでサクッとした食感が楽しめます。
のんびり食べていると野菜の水分を吸ってフニャッとなってしまうので、ちょっと急いで食べましょう。


次回はコロナビールと一緒に食べよぉっと。
オニオンリングも美味しそうだったなぁ♪

日焼けはしたくない!

 

女性にとって日焼けは一大事。

紫外線を浴びると肌は大きなダメージを受けて老化、将来シミになること間違いなし。
だから怖いのですよね。
ただ肌が黒くなるだけだったら、つまりシミにならないのだったら私は日焼け止めは塗らないと思う。
透き通るような白い肌も魅力的だけど、こんがり焼けた肌も素敵だと思うから。


でもね、そういうわけにいかないので

 

今年はこの4種類を買ってみました。

日焼け止めに求めるもの… 効果はもちろんですが、それ以外に使い心地やニオイも重要視しています。
肌にのせるとスーッと消えてお肌サラサラ〜♪というのが好き。それから日焼け止め特有のニオイがしないもの。犬並みの嗅覚を持つ私はあのニオイがどうしても気になってしまうのです。

今のところ一番左の肌研のと一番右のSKIN AQUAの日焼け止めを使いましたが、どちらも使い心地が良くて気に入っています。

・・・

SPF(Sun Protection Factor)は紫外線防御効果。紫外線B波をどれぐらいの時間防げるかの数値です。紫外線B波はサンバーン(肌が赤くなる日焼け)やシミ・皮膚ガンの原因となります。

PA(Protection Grade of UVAの略)はUV(紫外線)A波をどれぐらいカットできるかの数値。紫外線A波は肌の弾力を奪い、シミ・シワの原因となります。
PA+〜PA++++の4段階あり、+が多いほどUVAを防ぐ効果が高い。

・・・


それから

 


新しい日傘も購入。

これね、優秀なんです。

 


紫外線99%以上カットしてくれて、しかも差すことによって体感温度がマイナス7℃になるのだそう!
購入しておいて言うのもなんですが、マイナス7℃って実はあまり信じていません(笑) 
まだ使う機会がないのでその真相は後日… お楽しみに〜。


そして外を歩くときはサングラスをかけることも大切ですね。目が紫外線を受けるとメラニン色素が増えてしまうので、眼球もしっかり守らないといけません。
あとは夜ビタミンCをたっぷり摂ること。


これだけ気をつけて将来シミができてしまったら、もうそれは仕方がないですね〜。


そう゛ぁーじゅ



やっぱりフレンチが好き!
沖縄に来てフレンチから遠ざかっていたらちょっと禁断症状が…
そこで、食べログや沖縄のブログを参考に気になるお店を探してみました。

あるある、何軒も気になるお店が♪
そして早速ランチを予約。


タクシーの運転手さんに行き先(住所)を伝えると「あれ〜?ここ、おじさんの家の近所だよ」と返ってきてびっくり。 「何?なんかの店?」と聞かれたので「はい、レストランなんですけど…」と答えると「あぁ!あるある。 あそこだろぉ?」と。
はい、そこです(笑) 

行った先は松川、松下通りにあります
 
そう゛ぁーじゅ  http://bistrotsauvage.web.fc2.com/ 

マンションの2階にあるフレンチレストランです。


ランチは3種類。2000円のAコース、2500円のBコース、5000円のシェフお任せコースがあり私はAコース、先生(夫)はシェフお任せコースを。
最初にシャンパーニュを、その後はグラスの白と赤ワインをいただきました。


紹介するのは私のAコースです。

 

オードブルは4種類の中から選ぶことができます。
私は冷製ローストビーフサラダ添えをチョイス。キメが細かくとてもしっとりとしていました。

 

パンはバケット。

 

スープはカリフラワーのポタージュでした。
私も作ったことがあるけれど(仕上がりはもちろん月とスッポンですが)カリフラワーってそんなに個性が強くないお野菜なので分かりづらいですよね〜。言わなければじゃがいも?茄子?レンコン??何か分からないかも…って悪い意味で言っているのではありませんよ、念の為。
見た目はインパクトがあっても、味は優しいのですよね。


 

メイン料理は牛肉の赤ワイン煮。
写真からは伝わらないと思いますが、ものすごーくやわらかくてトロトロ。赤ワインがお肉にしっかりと染み込んでいて味に深みがありました。

 

ずらぁ〜っと並んだデザートの数に喜びの悲鳴。
この中から2種類選ぶことができるのです。 1つ1つマダムが説明して下さいます(よく覚えられるなぁ、と感心)。
これだけの種類があったらランチ・ディナーだけでなくカフェとしても営業したらいいのに、と思ってしまいました。

 

ダックワーズとガトーバスクをチョイスしましたよ。
見た目、華やかさはなくて地味だけど、素朴で飽きがこないスイーツ。ホームメイドな温かさがあって好きだなぁ。

 

食後はコーヒーを。


落ち着いた雰囲気の中でゆったりとしたランチタイムを過ごしました。

人それぞれ味覚は異なるし、その時の心境によっても味の感じ方って左右されると思っています。 なので、食べログの情報を全て鵜呑みにはしていませんが情報量が多いのでやっぱり頼りにはなりますよね。
今回は食べログを参考にして良かった。

メニューが変わる頃、またお邪魔したいと思います。