メルボルンの観光地的スポット『Queen Victoria market』&『Books for Cooks』



 


 
食材を見てまわることが大好きな私は、メルボルンに住んでいた頃よく買い出しに通ったものです。


『Queen Victoria market(クイーンビクトリアマーケット)』
http://www.qvm.com.au/ 
https://www.facebook.com/QueenVicMarket

 




 
こちらは人気の野外市場です。

野菜や魚介類、肉類、乳製品、ワイン、チョコレート、パン、衣料品、雑貨など様々な屋台が並び、お店の数はなんと600 軒以上! 敷地内にはフードコートもあります。


 

 

(↑メルボルンで見つけた沖縄!!)

お客さんの割合はもしかしたら地元の人よりも観光客の方が多いかもしれませんが、オーストラリアからの持ち出し禁止品は多く、しかもかなり厳しいので、生鮮食品コーナーは観光客が利用するのは難しいかもしれません。
キッチン付きの宿に泊まれば調理できますが♪ ← そんなわけで、次回は絶対にキッチン付きのホテルに泊まります!!!

 
 


市場の一角でピーラーの実演販売をしていたお兄さんが面白くて

 

 

3つセットになっているものを購入しました。
確か30ドルだったかな。

オーストラリア、決して物価は安くありません。 野菜や果物、肉類などの生活必需品目はリーズナブルなのですが。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

ここで生ハムやサラミ、チーズ、パン、オリーブやお総菜を買って、宿泊先でワインと一緒に楽しみたかったです。

 

 


いちごがトッピングされたケーキにも惹かれましたが、メルボルン滞在中はほとんどひとりで過ごしたのでさすがに買おうとは思いませんでした。

 


 
その代わり(?)

Koko Black http://www.kokoblack.com/ でチョコレートを買いました。

 
 


あ……

 

 

写真を撮る前にいくつか食べてしまって、これだけしか写真がありません(笑)

ちなみにこちらは、Salted caramel DarkとMilk。
中に濃厚なキャラメルが入っていて美味でした。口の熱で溶けてしまうの♪


その後は、市場のすぐ近くにお店を構える

 

 

Books for Cooks http://www.booksforcooks.com.au/ へ。

実はこの本屋さんへ行きたかったことが、メルボルン行きの決め手となりました。

 

 

 

店内の本棚に並べられている本は、すべて料理関係!
私はここで2時間近く過ごしました。

持って帰りたい本ばかりでしたが、こちらの本って結構重たいので、厳選して数冊…

 

 

You are what you eat(私たちは食べられたものから作られている、体はあなたがどういうものを食べるかで決まります )という言葉が好きな私にぴったりな本も発見!
WE ARE WHAT WE EAT。購入したかったけれど、私の英語力ではちょっとぉぉぉ……(英語をもっと学ばなければ!と思った瞬間です)。


ホントにそろそろ再スタートしなくては、英語。
言いたいことが全て英語で話せるようになったら、したいことが沢山あるのです♪
がんばろーーーーー!!!


 
コメント