メルボルンがもっと恋しくなるカフェ@食堂黒猫

  • 2018.12.21 Friday
  • 14:15

 

 

 

 

私のブログをずっと読んでくださっている方は、20代の頃、私が1年間メルボルンに住んでいたことをご存知だと思うのですが…

 

私は「日本語教師アシスタント」という立場で、1年間オーストラリアに住んでいました。

 

その1年間は、私にとって15年間分ぐらいの重みがあります。

ブログでサラッと語ることはできないほど、いろいろありました。

私の一生を捧げてもいい。

今でもそう思うほど、メルボルンは特別で、大切で、私の心を支えてくれる存在です。

 

ですから、オファーがあれば、いつでも私はメルボルンに飛んでいきます!!!ホントに。

 

 

そして↓

 

 

 

 

那覇市首里にある「食堂黒猫(Black Cat Cafe)」http://kuroneko.okinawa/ も私の支えであり、活力の源であります。

 

営業は金〜月曜日。

先週末に朝ごはんを食べに行ってきました!

 

 

お料理の説明は、食堂黒猫のHPから抜粋しています。

 

 

 

 

こちらは今月のChef' s Special →『森の風景』 七面鳥のガレンタイン

 

七面鳥の胸肉にオリジナルハーブを詰めて巻き上げたガレンタイン。

ブライニングと真空低温調理で計10時間調理にかけた肉。

 

カボチャ、紅芋、じゃが芋を、イチジクと黒ごまのケークサレにあしらい山の紅葉を表現し、アーモンドミルクのモラセスソースを添えました。

大豆のRawファラフェル風サラダと自家製シードクラッカー、ストロベリーヴィネガレットは付け合わせの野菜に合わせ、自家製ホワイトグレイビーソースはお肉と共に召し上がって頂きます。

 

慈悲深さを感じられる風味、季節の移り変わりを風景のように楽しめる盛り付けで、一皿の世界観を風味ビジュアル共に秋冬の『森の風景』として表現しました。

 

 

 

 

こちらは ウォッカキュアードサーモンの燻製オーランディーズエッグ

 

サーモンは塩、砂糖とウォッカで覆い、長時間漬け込む特殊な調理法を用いています。

 

素材の水分を引き出し甘みと旨味を閉じ込め濃厚な舌触りに仕上げ、ウォッカで透明感のある爽やかな風味に仕上げています。

ポーチドエッグ、キヌアのタブリ、サルサベルデソース、キャビアを添えて。自家製の燻製バターで作るオーランデーソースで召し上がって頂き、 上品で洗練された一皿を追求しました。

 

 

 

 

もうね、カフェレベルではないのです。

シェフSakiさんが手がけるお料理は、本場のシェフが腕を振るった傑作!という感じで、ワインに合わせたいほど。

 

料理に集中し、目で楽しんで、1口1口大切に味わいたいお料理です。

 

 

 

 

クリス氏の淹れてくれるコーヒーも、本格派。

コーヒーだけど、紅茶のような繊細さもあって、サラサラ入っていく感じ。

 

 

 

 

24日まで販売予定というミンツパイ(ミンスパイ)も購入。

 

パイ生地の中にはレーズン、オレンジピール、クランベリー、ナツメ…などのドライフルーツがぎっしり。
ジンジャーパウダー、シナモン、ナツメグ、クローブなどのスパイスも効いていて、これはメルボルンを思い出す味です。

 

 

来年はヨーロッパ方面にひとり旅しようと思っていましたが、うーん。

やっぱりメルボルンに行きたくなってしまいました。

 

どうしましょ…

 

 

とりあえず、ちょっと今から東京に行ってきます。

 

毎日の様子はインスタグラムでアップする予定。

 

https://www.instagram.com/sachiko723/

 

良ければフォローしてください(^_-)-☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

にほんブログ村

ブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM