ちょっと贅沢なランチ♪『尊尊我無(とうとがなし)』で沖縄そば懐石

  • 2017.12.23 Saturday
  • 12:29

 

 

 

 

てぃーだブログの前田さんからご招待いただき、ちょっと贅沢なランチを楽しんできました。

私 ” てぃーだブログ ” を使ったことがないのですが、仲良くしていただいています(笑)

 

 

伺ったのはこちら↓

 

 

 

 

『尊尊我無(とうとがなし)』http://toutoganashi.ti-da.net/

 

与儀公園や神原中学校のすぐそばにあり、駐車場も7台分完備されているので、駐車場を探す手間がかからなくて助かります(那覇市の中心で駐車場完備って意外と珍しい気がします)。

 

 

 

 

ランチタイムは沖縄そばがメインですが、前日までに予約をすると「沖縄そば懐石」がいただけるんです。

私たちがいただいたのは、前菜とお造り・焼物・沖縄そば・甘味の付く3,000円のコース。

 

 

 

 

前菜は中味(豚モツ)と島にんじんのきんぴら、うりずん豆のピーナツ和え、オクラと海ぶどう、豆腐ようの紅芋挟み揚げ。

 

食材は全て沖縄県産で、ピーナツもうるま市のものだそうです。

 

中味をきんぴらにするとか、豆腐ようを紅芋で挟んで揚げるとか、ユニークな食材の組み合わせが面白くて勉強になりました。

 

 

 

 

お造りはまぐろ、赤仁(あかじん)、縞ダコ。

 

お味はもちろん、器が素敵で感動。

 

 

 

 

焼物は近目金時鯛(ちかめきんときだい)の炭火焼、カリフラワー、ゴーヤー、冬瓜、ヤングコーン。

お魚はふっくら肉厚♪ お野菜も、素材の旨味が最大限に引き出されていて美味しかったです。

 

 

ここまでで結構お腹が満たされていたので「沖縄そばは少なめにしていただけますか?」と聞いてみたのですが……

 

 

 

 

〆の沖縄そばはもともと量が少なめなので、少食の方でもそのままの量で大丈夫なはず。

 

トッピングのお肉は三枚肉かソーキ(あばら肉)好きな方が選べます。

 

 

 

 

スープはあっさりカツオ出汁。

麺には全粒粉が練り込まれていて、驚くほどツルツル食感です。

沖縄そばってだいぶ柔らかいものが多いのですが、尊尊我無の自家製麺はラーメンのような食感と喉ごしが感じられて私は好き。

 

この香りと味、食感を出すため、数種類の粉をブレンドしているそうです。

 

黄金比を見つけるまでには、きっと何度も試作をされたのだと思います。

 

 

 

 

最後は、宮古島の小豆と芋くずで作ったくず餅。

器にはほろ苦いよもぎのソースが敷かれていて、甘さと苦みのバランスが絶妙でした。

バニラアイスクリームにエスプレッソをかけたアフォガートのような感じ……かな。

 

 

100%沖縄県産を目指しているという尊尊我無。

観光で来られる方にはもちろんおすすめしたいのですが、沖縄に住んでいる人たちも、県産食材の魅力を再発見する良い機会だと思うのです。

お昼に一杯の沖縄そばでお腹を満たすのも良いけれど、「ちょっとだけ贅沢に♪」という時には尊尊我無がおすすめ。

 

美味しい料理を食べ慣れた方こそ、違いが分かるかもしれません。

 

 

 

沖縄そばにはフーチバー(よもぎ)をたっっぷり乗せたいから…

  • 2017.11.04 Saturday
  • 18:35

 

 

 

ラーメンとか丼物とか、その一杯だけでお腹を満たすのが好きではないのですが、沖縄そばは例外です。

週1でも喜んで♪ ← 実際は、そんなに頻繁には通えていませんが。

 

 

 

 

 ” 私のお気に入り沖縄そばベスト3 ” に間違いなく入るのがこちら。

『玉屋(たまや)』https://www.tamaya-soba.jp/

 

浦添と豊崎にもありますが、私がお邪魔するのはいつも南城市にある大里店。

 

席数はだいぶ多いのですが、12時過ぎると満席になるので11:30までに入店するか、13:45過ぎがおすすめ。

 

 

 

 

券売機で食べたい商品を選び、チケットをお店の方に渡します。

「テビチそば」か「ソーキそば」にすることが多いのですが、この日は「ミックス(小)」。

 

 

 

 

トッピングされているのはソーキと三枚肉。

 

スープは豚骨+かつお節のあっさり味。あっさりだけど、旨みは濃いです。染みる美味しさ。

玉屋の麺はやわらかめですが(麺類は歯ごたえがある方が好きなのですが)玉屋のは何故か好きです。

 

ここにテビチも乗っていたら最強だなぁー。

 

 

 

 

玉屋が大好きな理由のひとつは、好きなだけフーチバー(よもぎ)トッピングができるところ。

独特な香りがするため、好き嫌いがはっきりと分かれてしまうフーチバーですが、私は大好き!

フーチバーの無い沖縄そばは物足りなさを感じてしまいます。

 

フーチバーを好きなだけトッピングすることのできる沖縄そば屋さんって2軒しか知りません。

ご存知の方、教えてくださると嬉しいです。

 

 

 

 

週末の贅沢♪ 泊いゆまちの『まぐろや本舗』の海鮮丼で幸せ〜

  • 2017.08.08 Tuesday
  • 08:08

 

 

 

 

おはようございます、フォトライターのさちこです。

昨日は移動の多い1日で疲れてしまい、8:30に寝てしまいました ← 小学生よりも早い就寝時間。

 

たっぷり寝ると身体の調子が良いです。

今日も素敵な1日にしましょう♪

 

・・・

 

さて。

 

我が家は魚介類はあまり食べません。

先生(=主人)は断然お肉派ですし、私も魚介類は火を通したものはあまり好きではなくて……

 

だからこそ「いつもと違うものが食べたいね」という日には、我が家は魚介類尽くしになるのです。

 

 

 

 

泊いゆまち内の『まぐろや本舗』http://maguro-kaneyama.com/index.html は私たち夫婦のお気に入り店。

 

人気店なので、週末のランチタイムは列ができることも珍しくありません。

待てない私たちは(笑)11時過ぎに伺いました。11:30前なら席、空いてます!!

 

 

 

 

先生は「まぐろづくし」←先生のお気に入り。

 

まぐろ赤身、中トロ、大トロ、鉄火まき。まぐろ尽くしです。

 

 

 

 

私は「美ら海 海鮮丼」を。

 

本まぐろ大トロ丼も大好きで迷いましたが、いろいろ食べたかったのでこちらにしてみました。

 

ご飯は白米と酢飯が選べ、汁物(イカスミ、アラ汁、アーサー汁の中から選びます)が付きます。

 

 

 

 

まぐろ、玉子焼き、タコ、サーモン、海老、イカ、ネギトロ、海ぶどう、それから3種類の白身魚(魚介類は詳しくないので、種類が分かりません)。

 

厚くカットされた鮮度抜群のお刺身は贅沢感たっぷり。

「ご飯要らないんじゃない」と思ってしまうほどのボリュームです。

 

 

 

 

 

 

県産の魚介類がメインですが、県外のものも見かけます。

ウニ、買って帰りたかったなぁー。

 

 

 

 

お魚を食べたい時は、鮮魚が集まる漁港内にある泊いゆまちへ。

 

 

(※原材料の高騰のため、Webサイトに載っている価格より値上がりしています。)

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

にほんブログ村

ブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

  • 瀬底島のマカロン専門店『Ringo Cafe』に行ってきました
    さちこ (12/21)
  • 瀬底島のマカロン専門店『Ringo Cafe』に行ってきました
    suny (12/21)
  • 沖縄そばにはフーチバー(よもぎ)をたっっぷり乗せたいから…
    さちこ (11/07)
  • 沖縄そばにはフーチバー(よもぎ)をたっっぷり乗せたいから…
    まほろば (11/06)
  • 沖縄そばにはフーチバー(よもぎ)をたっっぷり乗せたいから…
    さちこ (11/06)
  • 沖縄そばにはフーチバー(よもぎ)をたっっぷり乗せたいから…
    八朔 (11/05)
  • この夏は、あと何回潜りに行けるかな??
    さちこ (09/27)
  • この夏は、あと何回潜りに行けるかな??
    shamrock (09/25)
  • この夏は、あと何回潜りに行けるかな??
    さちこ (09/24)
  • この夏は、あと何回潜りに行けるかな??
    shamrock (09/24)

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM