素材が活きるイタリア料理をイタリアワインと共に@新都心『IBISCO(イビスコ)』

  • 2017.05.18 Thursday
  • 17:53

 

 

 

 

 

大好きなイタリア料理店『IBISCO(イビスコ)』https://ibisco.shopinfo.jp/ でディナー。

 

新都心にお店を構えるIBISCOは、沖縄食材を(メインに)使用する地産地消のお店です。

 

 

 

 

13年前に東京で知り合い、少し前に偶然沖縄で再会をしたソムリエールのHちゃんとお邪魔しました。

彼女は5月中(予定)に那覇市内で飲食店をオープンさせる予定。オープン後はしばらく忙しくて外出できないと思うので、その前に飲みに誘ったのです。

 

Hちゃんは泡を、私はエチケットがユニークな白ワイン「アラゴスタ」をいただきました。

サルディーニャ名物であるイセエビ(アラゴスタ)が大きく描かれたエチケットはインパクト大! きっとシーフードと相性抜群なのでしょう。

 

 

 

 

フレッシュモッツァレラチーズは旨みとコクが詰まっていて、ミルキーで美味しい! ミニトマトの酸味といただくことで、より美味しさが引き立っていました。

 

 

 

 

メニューに載っていると条件反射でオーダーしてしまう生ハム。

こちらは、18ヶ月熟成パルマ産生ハムでした。

 

 

 

 

サルディーニャ産カラスミ リングイネ。

シンプルだからこそ素材の味が活きる一皿でした。

 

 

 

 

赤ワイン「フランツ ハース」はシェフに選んでいただきました。

スキアーヴァ(ぶどう品種)100%で、色はルビーレッド。ロゼに見えますが、赤ワインです。

 

 

 

 

シチリア島 生まれの伝統的なショートパスタ=カサレッチェを使ったゴルゴンゾーラチーズのパスタ。

クセが強すぎず、かと言って弱すぎもせず、程良いゴルゴンゾーラの香り。

 

 

 

 

ペポーゾ(牛すね肉を赤ワインで煮込んだ料理)は、間違いなく赤ワインが進む一皿。

 

 

 

 

メインは、一度いただいて感動した「熟成伊江牛のタリアータ」をいただきました。

一口で幸せになれる上質なお肉。もう、うっとり♪

 

 

初めてIBISCOに行ったのは1年前だったかな……

その時も十分に美味しかったのですが、シェフはあれからメキメキと腕を上げているように感じました。

ワインのチョイスも素敵で、私はますますIBISCOが大好きに。

 

これからも応援しています★

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

南風原近くの那覇市でイタリアン♪ Cucina Italiana TAMANAHA(タマナハ)

  • 2017.01.12 Thursday
  • 17:19

 

 

 

 

2017年、先生(=主人)との最初の外食は……

 

去年の夏、南風原の那覇市上間にオープンしたイタリア料理店

Cucina Italiana TAMANAHA(タマナハ) https://tabelog.com/okinawa/A4701/A470102/47018697/

 

 

 

 

お邪魔したのはディナータイム。

 

付き出し・前菜・パスタ・リゾット・お口直し・メイン料理・スープ・デザート&コーヒーor紅茶の付いた¥4,500のコースをいただきました。

 

 

 

 

スパークリングワインをハーフボトルでいただき、グリッシーニと黒米を練り込んだスケッチャータをつまみながらお料理を待ちました。

 

 

 

 

付き出しは、島ダコのマリネ。

フワモチッとした食感のタコに添えてあるのはバジルソース。

 

 

 

 

県産若鶏の胸肉ともも肉を使った前菜は、メイン料理としてサーブされても不思議ではないぐらいの一皿でした。 

パサッとした感じは全くなく、驚くほどしっとり。


 

 

 

自家製のタリオリーニは、燻製したグルクンとカリフラワー&ケッパーなどと和えてありました。

オイルベースのあっさりパスタですが、旨みが濃くてかなり印象深い一皿。

 

 

 

 

自家畑で育ったカボチャと、自家製サルシッチャの焼きリゾット。

表面はカリッと香ばしく、中はサルシッチャにも負けないカボチャの風味。

リゾット(しかも”焼き”)ってなかなかいただく機会がないので、嬉しかったなぁ。

 

 

 

 

お口直しはローゼルとシークヮーサーのグラニテ。

ローゼルのピンク色って可愛らしくて好きです。

 

 

 

 

メインは豚肩ロースのソテー。

その下にはじゃがいもとトマトのピューレ。

添えてあるのは、焼き野菜とローゼルとりんごのジャム。

 

複数の食材を一口で味わっても喧嘩せず、見事に調和されていました。

 

 

 

 

数種類の野菜をコトコト煮込んだスープは、栄養たっぷり。

素材の風味を活かした味付けで、心がホッ。

疲れている時にいただいたら涙が出てしまいそうな美味しさだなぁ……と思いました。

 

 

 

 

デザートはコーヒーと一緒にいただきました。

 

リンゴのタルトとサラミに見立てたチョコレート、苺とチョコレートのムース、アプリコットのセミフレッド。

少しずついろいろと楽しめるデザートプレートって良いですよね♪

 

 

シェフの丁寧さが伝わってくるコース料理でした。

定期的に通いたいお店がまた一軒増えました♪

 

 

Cucina Italiana TAMANAHA(クッチーナイタリアーナ タマナハ)

住所:沖縄県那覇市上間260-1 神里アパート 1F

営業:12:00〜15:00(L.O.14:00)、18:00〜23:00(L.O.21:00)

定休日:水曜日

駐車場:あり

やっぱりPizzaは『BACAR(バカール)』でしょ♪

  • 2017.01.05 Thursday
  • 16:44

 

 

 

 

 

ちょっと前に女子会をしたんです。

 

 

 

 

BACAR OKINAWA(バカール オキナワ)http://bacar.jp/ で。

那覇在住の美味しいもの好きの間では、知らない人はいないぐらいの有名店ですよね。

 

人気店なので予約は必須です。

この日は6名で伺いました。

 

 

 

 

スタートはヒューガルデンホワイト♪

 

前菜は、私の中で必食メニューのひとつである「自家製 県産ハム 三種盛合せ」をまずはいただきました。

手前は伊江島産合鴨の燻製、真ん中は島豚の自家製ロースハム、奥はもとぶ牛の自家製ブレザオラ(牛肉の生ハム)です。

 

ミートラバーには幸せ過ぎる三種盛り♪

 

 

 

 

お肉系が続きます。

「パルマ産生ハムとカンパーニャ産水牛のフレッシュモッツァレラ」。間違いのない一品ですね。

 

 

 

 

こちらは ”ただのブロッコリー” ではありません。

家で再現しようと作ってみても、同じ味にはならないのです。何が違うのかな……

BACARのブロッコリーはシンプルなのに、とにかく美味しい!

 

 

 

 

「揚げ芋トコロンナータ産ラルド」

 

ラルドと言うのは豚の脂肪のこと。じんわ〜り甘い揚げ芋と、ラルドの相性はぴったり。

コクがあるのにベタベタしていなくて「えっ、脂肪なんて体に良くないでしょ?」と思っている人にこそ食べてもらいたいです。

 

 

 

 

普段は甘いドリンクを飲まない私ですが、何故か気分を変えたくなって「バカール風カンパリレモン」を。

 

 

さーーー、主役ですよ♪

 

 

 

 

Pizzaは2種類のみ。

 

まずは、

フレッシュモッツァレラとバジリコがトッピングされたマルゲリータ。

 

 

 

 

 

食べ終わると、次のPizzaマリナーラが。

ニンニクとオレガノのとてもシンプルな一枚です。

 

 

 

 

平日(火・水・木)限定で、手打ちのパスタがいただけます!

ということで、ポルチーニ茸のソースのパスタを。

パスタがほんのり茶色なのは、ポルチーニが練り込んであるから。

今まで食べたどのパスタとも違った独特の食感……コシがしっかりと感じられました。そして、口に運ぶたびにふわっ♪とポルチーニの香り。

 

 

 

 

食欲旺盛女子が集まれば、当然Pizzaのお代わりも。

マリナーラをいただきました。

 

表面はサクッとしているのに、中はもっちり♪のPizza生地。

ひとりでもペロッと一枚食べられる美味しさです。

 

もうPizzaをジャンクフードとは呼ばせません(笑)

 

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

にほんブログ村

ブログ村

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM